(スポンサードリンク)


幕末恋異聞~トラワレノキミ~~
ジャンル:乙女恋愛シュミレーション
CV:羽多野渉、宮下栄治、横田紘一
攻略人数:3人

■あらすじ

時は、幕末。
黒船の来航以来 あらゆるものが大きく変わろうとしている激動の時代。

両親を何者かに殺されてしまい天涯孤独の身になってしまった貴女は、父の友人であった薩摩藩 西郷隆盛のもとに身をよせ、両親の仇討ちを誓う。

そんな時、敵として出会った彼―― 絶対に刀を抜かない正反対の彼。
復讐をやめるように賭けを持ちかけられて… 殺さなくてはならない相手に弱みを握られた貴女。
それをいいことに自分の言いなりになることを強要され…

ある事件がきっかけで、行動を共にするようになる貴女。
穏やかそうに見える彼は、実は違った一面があって…


■攻略キャラクター

幕末時代を語るには絶対に欠かせない、この3人が攻略キャラクターです。
商人の道を選んだ坂本龍馬、奇兵隊総督の高杉晋作、穏健派攘夷志士である逃げの小五郎。
どのキャラもイメージがブれませんね。
某アニメの影響か、桂を『○ラ』と呼んでしまいそうです。(笑)

私が攻略にとりかかったのは、坂本龍馬です。王道、という事で。
鬼畜な高杉でも温厚な桂でも良かったのですが、サンプルボイスを聞いて、どれもイメージと違うな、と・・・。なので、中でもマシだと思えた坂本龍馬にしました。(羽多野さんFANの方、ごめんなさい)




(スポンサードリンク)


■好感度UP選択肢

この二つで、適切な選択肢を選べば好感度は上がっていきます。(下がる事はありません) エンディングはノーマルとハッピーが用意されているので、ハッピーエンディング目指して頑張ろう。


■総合評価

主人公の目的は徐々に明らかになっていきますが、最初の頃は「????」でした。
プレイヤーキャラなのに、何も分からない。非常に不親切だとまで思いました。やっと2話になっても明らかにならず、相変わらず「???」なままです。
暗殺者である事は冒頭で分かるのですが、そこにたどり着いた経緯や、海に関する書物を書いた人について調べてるなど、謎が多いまま。
時代背景もほったらかしで、せっかくの萌え要素も消えてしまってます。
もう龍馬とのやりとりがメインになってしまって、心理描写も正直言うと下手です。そのくせ、選択肢はシビア。
声優さんの演技も「いや、違うだろ」とツッコミたくなる場面も多々。フルボイスでないのが救いか。
この時代を舞台にしたゲームは多々あるので、そこに足を突っ込んだのが間違いだと思いますね。ハッキリ言って場違いです。
もうオトメイトさんから有名なゲームが出てるのだから、勝てるワケないだろう、と。

とにかく、主人公は何がしたいのか分からないままゲームが進むので、あまりオススメできないゲームです。
というより、褒める所が少ないゲームですね。
スチルは綺麗なんですけどね。

このページの先頭へ